2017年06月08日

個展についてかんがえてみた・・・。

来年の個展は中止、つかもと作家館で来年予定していた個展はお断りしてきた。
しばらくの間、原点に戻り作品は販売店に卸すことにし、
共販センター第二売店(陳さんの店)に、委託で置かしてもらうことにした。
自分の展示にふさわしい会場に出会うまでのんびり休もうと思う。

posted by murotagama at 11:19| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

個展案内DMの発送

個展まであと10日と迫ってきた、窯が遅れ写真にてこずって印刷の発注が遅れ、正月休みが重なりさらに遅れ、昨日やっとDMを郵便局へ出すことができた。
局の人が切手を貼って出してくれることになって一安心(ローカルな郵便局らしいサービスでありがたい)。

作陶展DM

posted by murotagama at 12:14| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

益子焼「室田嘉一郎作陶展」作品自画自賛

柚肌黒 茶碗

今回の窯で、柚肌の黒茶碗が焼けた。
最近、柚肌の黒が焼けるのはめずらしい。
久しぶりに茶碗にふさわしい黒釉の色艶を見せてもらえた、これをみると益子焼の釉もなかなかのものだと思う、滅多に取れぬこうした物は手元に残しておきたくなる、が・・・。
柚肌黒 茶碗

益子焼手づくり工房
室田嘉一郎作陶展

会期:2017年1月27日(金)〜2月19日(日)
会場:つかもと作家館ギャラリー(栃木県芳賀郡益子町4264)地図

ラベル:個展
posted by murotagama at 11:16| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

個展が終わって

今年の個展は準備不足やら体調を悪くしたり不安材料が重なり相当にしんどい個展になりそうだったが、時間勝負の搬入と搬出には助っ人が来てくれ会期中は常連のお客様方にも支えられ勇気付けられ、動き出してみればお客様との応対に余計なことを考えることもなく、気が付いてみれば撤収後予定通り義兄と元気アップ村温泉に浸っていた。
いったんコンベアが動き出してしまうと動きをとめることはできないが、お客様に喜んで頂けたことトラブルもなく無事にほぼ昨年同様の成果を上げることができたこと、その他諸々に今年はひときは感謝の思いが強い。
店から出るとき店長から「来年もまたお願いします。」といわれた。
posted by murotagama at 11:09| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

益子焼作陶展撤収に向かって

作陶展も三回の週末を終へ明日を残すのみとなった。
これからの日程は、今日展示場の作品整理、明日は会場の帰り際に生け花類を外し大物類の引き上げ、明後日の午前中に全作品の片付けで今回の行事は全て終了。
最終日は川崎から姉が手伝いに来てくれるそうなので、荷物が片付いたら皆で元気アップ村の温泉へ出かけることになっている。

益子焼手づくり工房

ラベル:個展
posted by murotagama at 10:04| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

ましこやきだー

黒の下地に柿の流し掛け作品の前でご婦人「懐かしいです最近少なくなりましたね、温もりがあってほっとします、あきがきません昔からの益子焼ですねー・・・。」と感想を云いながらゆっくり見てくださった。

たしかに最近民芸店に置かれている商品は、かわいいといわれる商品やクラフト系の物が多くなり、今では民芸調と区別される素朴で温かみのある焼き物が少なくなっている。
17回目の作陶展、残りの最終コーナー、とうとう最後の週末になってしまった天気予報は明日雨、もうひとふんばりガンバルゾー

益子焼手づくり工房
posted by murotagama at 09:42| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

益子焼個展「黒糠釉扁壺」

DM案内状の扁壺、早々に群馬のお客様の売約済みになり「玄関に飾っていたものをこの壷に交換したい。」とお買い上げいただいたが、ご好意で会期中看板作品として展示させていただけることになった。
黒糠釉扁壺の写真来店のお客様にDMを差し上げながら「この新しい扁壺は今年4本異なる釉薬で焼いたうちの一つで、黒釉を下から7割程掛け逆さにして掛けた糠白釉と重なり合った処で偶然の模様ができました、予期して作ったものでなく窯の神様の表わされしもの・・・。」と説明させていただき高評をいただいている。
「これは自作の中で2度とできないもの、お金があれば売りたくない・・・」と思う。

益子焼手づくり工房
posted by murotagama at 11:16| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

今日の個展会場

夢中で会場との行き来をしているうち作陶展の折り返し点を過ぎていた。
予報では曇りなのにしきりに雪が舞っている、これでは人も動くまい会場行きを休もうかと思いつつ出掛けてみると、思いがけず去年来て頂いた女性のお客様からチョコレートのプレゼントをいただくやら、外人さんに花瓶を購入頂くやらいつもと違うできごとにびっくり。
土曜日なのにお客様の来ない日があったり、平日でたいしたこと無いと思いきやお客様が切れず閉店時間まで付き合わされたり、このごろ予想できない毎日が続いている。
というわけで今日の気分はハイになれたが、メゲメゲて沈み込む時もある2月で一番怖いのはやはり天気、雪になりませんようにと祈っている。

益子焼手づくり工房
posted by murotagama at 18:33| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

週末の雪で個展の客足大幅減

会期中すでに2回の貴重な週末が、大雪のためお客様の足を奪われ、平日までも今年はなぜか人通りが少ない。
じっと会場で座っているのも退屈なので、一部模様替えをして見ようと思ったりする。
お客様が入らねば無駄な努力「じたばたするな」と言われそう。

テーブルセッティング


今回、家にあった簡単なテーブルと自作の三角椅子を会場の開きスペースに持ち込み、テーブルセッティングのようなコーナーを作って見た。(テーブルセッティングNo.1)

テーブルセッティングNo.1

楕円皿をメインに組み合わせて一週間ほど展示していたが、昨日川崎から来てくれた妹夫婦が長皿メインで模様替えをしてくれた。(テーブルセッティングNo.2)
テーブルセッティングNo.2




ギャラリー「びんろう」閉鎖


つかもと陶芸広場店が3月16日に閉店が決まったので、2階の個展会場「びんろう」も同時に閉鎖になるという。
年一回で15年間お世話になった会場だが、今では益子のメイン通りから外れてしまい店の集客力が減ってしまったのがそうさせてしまったらしい残念。
次回(来年)「室田嘉一郎作陶展」の会場は鰍ツかもと本店の作家館になるらしい。
posted by murotagama at 13:26| Comment(2) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

雪だ、個展会場の様子は?

会場で一仕事して外を見ると雪が激しく降り出し、気温が下がってきたのか積もり始めた。
案の定、車の動きも少なく駐車場に降った雪に全くわだちの跡が付かない、お客さんのくる様子がほとんどないので、明日家に来客予定ということで早々に切り上げ家で片付けをすることにした。

会場から見た外の雪景色
posted by murotagama at 18:28| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする