2016年03月14日

電気治療器の初期不良

電気治療器の初期不良交換にいたるまで。

パナソニックの相談センターに電話したところ、使い方をチェックされた上パナソニックのアルカリ電池をお使いですか?ときた、修理は宇都宮の修理センターへ初期不良で交換は販売店の対応です、とマニュアル通りの返事で交換してもらえそうに無い。
販売店に頼るしかないとネット販売先に、メールのやり取りで初期不良と理解してもらい交換してもらうには、故障を正確につかみ分かり易く説明する必要があると思い付き、いろいろな方法を試しているうち寒さに弱いことを発見した。
販売店と不慣れなメールのやり取りが通じて初期不良で交換してもらえることになった。

メール内容は次のように書いてみた。

パナソニック電気治療器EW6021初期動作不良の件
説明書に書かれている手順で使ってみたところ、
1、電源を入れる。
2、自動コースボタンを押す。
3、パッドを貼る。
4、治療開始を押す。
手順どおりに試みても治療が開始できない、まれに動き出すこともある。
念のため、パナソニックの新品アルカリ電池を求め交換パッド4枚を洗って試しましたが症状に変わりありません。
取扱説明書を何回も読み直し、手順を確認しなおしてみましたが、治療開始ボタンの接触不良としか思えません
ので、初期不良商品として交換して頂けないでしょうか。
宜しく対応の程お願いいたします。

初期不良で交換可能の返信があり

この度は丁寧に対応して頂きありがとうございました。
商品の交換おねがいします、長い3週間ですが楽しみに待つことにしました。
ご面倒ですが宜しくお願いいたします。
この連絡をいただくまで、低周波電気治療器を何回か試したところ、日中気温が 上がったとき正常に動作することがあり、その時ためしに冷蔵庫で冷や してみ たところ治療開始ボタンを押してもやはり開始しません。
自分の住む地域では、冬など室内温度が10℃以下になることが多いのでコレでは困ります。
パソコンやテレビなど他の電子機器は寒い日でも不便無く使えることからも、この電気治療器は欠陥品だと思います、交換して頂けることになりスッキリしました。


posted by murotagama at 13:43| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

寒さに弱い低周波治療器

低周波治療器昔買ったパナソニックの低周波治療器を寝ながら使っていて壊してしまった。
最近、脚痛で整骨院に通い電気治療を受けたところ効果があるような気がしたので、また低周波治療器を買いなおすことにした。
こんどは(EW6021)、パワーも強くパットを4枚使う一回り上の機種をネットで注文し早速痛い場所に当てて使ってみたら、強さも十分いい買い物をしたと思った・・・。
のもつかの間その後治療開始ボタンを押しても動かなくなり、取説を隅々まで何度も読み直しながら動作を繰り返し確認し、新しいのにかかわらずパット洗ってみたり電池をパナソニックのアルカリ電池に入れ替えてみても動かない。
さらに自分に問題があるのかと湯上がりに使ってみたりしたが同じこと、しばらくして5月の陽気がやってきた日に使ってみたら、正常に具合よく動くでは、スイッチの接触不良で偶然かもと何度も電源を切ってやり直してもちゃんと動き出す。
もしかしたらと冷蔵庫で冷やしてみたらもしかが当たり動作しない、ということはこの子は寒さに弱い子だったということ。・・・と我が家の結論に至った。

さんざからかっていたので「時間の無駄遣い」と妻にあきれられてしまった。
幸い業者から初期不良の交換を取り付けたので、とりあえず交換品が来るまで電子カーペットで暖めて使わしてもらおう
posted by murotagama at 21:56| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

暮れにきて医者通い

亡き母が会うと口にしていた言葉「年はとりたくない・・・」、そんな年になってきたんだなと思う。
クリスマスイブの日、前触れも無く右足の付け根が痛い、足の側面も足先まで痛い我慢できないので医者に行くことにしたが、骨折のとき見てもらった整形外科はあいにく定休日、一日我慢してレントゲンで診てもらったが「椎間板が薄いですね」といわれただけで診断がはっきりしない、弱い痛み止め薬を出してもらって様子を見たが効かないので、度々足を運び脅されながらも強い薬にしてもらう。

そんな中、家族が救急車で運ばれレントゲンCT、血液、骨髄液検査という騒ぎになってしまい、正月休みに入った誰もいない待合室で痛い足を抱え待つこと数時間、さいわい検査結果からは頭もきれい異常は見つからず帰れることになった。
念のためMRIの検査を予約して長かった一日が終わって安心できたが、朝食前後頭部の頭痛と吐き気がひどいというので、くも膜下を心配し町の病院へ連れて行ったところ、やはりくも膜下が心配なのと正月を控えているからと救急車を手配してくださり、看護婦さんも同乗して脳神経外科のいる病院へ直行、考えるいとまもなくほヾ一本道で事が運んでいった。

今年の暮れは病院通い、来る年もそこから始まるらしい・・・。



posted by murotagama at 13:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

大腸ポリ−プ手術終わり一段落

去年の大腸内視鏡検査でS字結腸の上部にポリープがあることが分かり、一年後に手術しましょうと先生にいわれ、心配していても仕方ない一年過ぎたので(5/1)手術してもらった。
一日入院ということで、術後点滴を二本して三食分のレトルト食品を持たされその日の3時ごろ解放された。
大腸ポリープの摘出手術は今回で3回目、ほかに大腸の内視鏡検査も5回位経験した、それなりの訳があり納得してやってもらうことになるのだが、少しづつ薬も変わり楽になってきたとはいえ前日の食事制限から当日飲む大量の腸内洗浄剤と、病院まで道中のトイレの心配、内視鏡の動きの痛いこととしばらくかかる体調の回復、もう勘弁してくれ、もうたくさんと思う。
昨日の診察で、「出血してません食事は普通の食事で大丈夫、1週間後に傷口のクリップが外れるとき出血するかもしれないので、そのときは来院するように、2週間後に細胞の検査結果を聞きにくるように」ということになった。

posted by murotagama at 10:50| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

夜の運転が怖いのは

実は乱視だった


昼間明るいところに出ると全体がまぶしく、夜の運転では対向車のライトが拡がって見え、どちらも全体がぼやける。
齢のせいだろう、白内障で見難いのか硝子体の濁りかと思いながら、毎日うっとうしいので眼科で診てもらった。
視力検査、眼底検査、眼圧検査、水晶体の濁り具合を見た医師の判断では、白内障が少しある程度でそれによりレンズが少し近視気味になっているが、これといって心配するようなことはない。
つまり病的ではないという結果だった。

対策なしと諦めていたところ、ある眼鏡売り場で検眼込みセットで3,800円という、値段につられ少しでも良くなればダメモトで「運転用の遠距離用眼鏡」と指定し新調することにした。
検眼して驚いたことには、自分の目はかなり乱視が強くなっていたこと、検眼で乱視の補正レンズが合ってくると今までぼやけていた世界がうそのようにすっきり見える、なんてこった。
今まで作った近距離用(読書)、中距離用(仕事)、遠距離用(ドライブ)の眼鏡が見難くなったのは度が合わなくなったのではなく乱視が進んだせいだった。
帰りは、作ったばかりの眼鏡で夜道を楽々帰ることができた。
今度は老眼にも乱視を入れて作ってもらってこよう。

タグ:眼鏡
posted by murotagama at 20:38| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

ヒノキの花粉大量飛散

スギ花粉が収まってきたと思っいたら、ヒノキの花粉が始まった。
AM9:25ごろ、家から見る周りの景色がにわかに霞がかかったようになった。

部屋の中から窓越しに見ていると、花粉で景色全体がかすんでいる、ヒノキからは霧状のものを大量に噴出している様子が見える。
車庫の屋根に降った花粉も風が吹いて一斉に飛ばされ、見ているだけで体中むずむずしてくる。

我が家は50本ぐらいのヒノキに囲まれ、周りの山も桧山だ、しばらく外に出られそうも無い。
この一週間、ロクロの仕事で買い物以外ほとんど外に出ていない・・・。

ヒノキの花粉大量飛散
posted by murotagama at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

夜の頻尿が改善

夜間の頻尿


わずらわしい夜間の頻尿、特に寒い夜は頻繁におしっこに起き寝た気がしないほどで年のせいかと諦め、水分を減らす位のことしか思いつかず、
何とかならぬものかと思っているところ、NHKの「ためしてガッテン」が夜の頻尿を取り上げてくれた。
加齢とともに、夜間のトイレ回数が増えるようだが・・・、
「おしっこが近くなる」のは、
ただの年齢のせい・・・と思ったら大間違い!
実は、おしっこが近い人の中には、
心臓が危ない人が含まれていることが明らかに!
夜の頻尿の意外な原因や改善ワザを大公開!

「ためしてガッテン」の中で自分に当てはまりそうな「おしっこ減らすモン」(抗利尿ホルモン)を働かす下肢の運動を試してみた。
足を高くしながらテレビを見たり、仰向きでゴキブリ体操をして寝るようにしてみたら、本当に今まで夜中のおしっこの回数が2〜3回だったのが、朝まで我慢できる日もできるほど効果抜群、悪夢も少なくなり睡眠の質も上がったような気がする。
おすすめは夕方の下肢の運動
昼間、足にむくみとしてたまっていた水分が、夜寝るときに心臓に戻ってくると、夜間頻尿の原因に。夕方、寝る3〜4時間前までに、下肢を中心とした運動(ウオーキングやスクワットなど)を行うことや、弾性ストッキングの着用が効果的。
※心不全が進行している場合は、利尿剤など治療が必要となります。詳しくは、医師にご相談ください。
posted by murotagama at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

スギ花粉大量に飛散

道路を隔てた杉の木が大量に花粉を蓄えている。
昨日、高所作業車が花粉の大量に発生する様が見せてくれたが、昨日の再現と竹竿で枝をゆすってみた。

タイミングよく昨日は宇都宮の病院の予約日だったので、花粉アレルギーの目薬と飲み薬(アレグラ)をもらってきたところだが、この程度の薬では、最盛期にはあまり効かないけど症状が少しは緩和できる、気休めかな?

物理的に排除する、外に出ないことマスクをする事の方が効果ある・・・。

杉枝をつつく
スギ花粉飛散
posted by murotagama at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

骨折の経過

昨日骨折してほぼ3ヶ月が経った。

レントゲンを撮り診察の結果「足の筋肉も戻り骨も付きしっかり治ってきてますが、まだ骨は柔らかいのでもう2ヶ月(8月いっぱい)無理をしないように、何かあったら又・・・」と病院とおさらばすることになった。

始まりはX線CT3次元画像で右足の第二中足骨第三中足骨の骨折がはっきりし、骨折箇所が少し開いているので手術でボルトで止めるか、時間がかかるがそのままギブスで固定するか、どちらも可と言う診断が出たので、先生に「自然治癒力を信じてみます」と痛くないギプスで固定するを選んだ。

家族に協力してもらいながら、寝る間すら右足に負担がかからぬよう意識しながらの生活が続き、結果順調に回復してきた。

1週:添え木で固定、松葉杖
2週:ギプスで固定、松葉杖を使う。
(ギプスに踵をつけてもらったので踵で少し歩ける)
3週: 〃
4週:ギプスが外れ添え木で固定、包帯を外し足先足首の運動、
5週: 〃
6週:松葉杖を利用しながら右足に15kgの負荷をかける。
7週:添え木が外され体重の2/3負荷をかけ片松葉で歩く、車の運転OK
8週: 〃
9週:足先の固定から開放されやっと普通の生活がOK、
とはいえ普通に歩くのはまだ無理。
自己流のリハビリを実行(低周波治療、指圧、湿布薬、歩き運動、自転車、スクワット、仕事等)
posted by murotagama at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

リハビリになるか・・・自転車?

骨折のリハビリになればと自転車に・・・


娘に付き合ってもらって自転車に乗ってみた。

一年以上自転車に乗っていなかったのでいきなり32kmは遠かったが、骨折した足に異常はなく歩くよりは自然に足が動かせた。

ただし上り坂では置いてきぼりになってすっかり体力が落ちているのが良く分かった、娘には歳のせいと一笑され、翌日尻は痛いし肩はパンパンと運動不足もハッキリした。
posted by murotagama at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする