2016年12月07日

洗濯機が壊れた

水が止まらない・・・。

洗濯機のスイッチを入れると水が入りだすのだが、排水バルブが閉まらないらしく垂れ流しになってしまう。
今回は故障の原因が皆目わからない手の打ちようがない、ので悔しいが買い替えることに、いつ買ったのか調べたら1906年3月、20年間よく使ったものだ。
明日にも困ることになるので慌てて洗濯機を買いに、ホームセンターやら家電量販店を走り回り、幸い格安価格で5年保障つき明日にも間に合わしてくれるという、至れり尽くせりの家電量販店と出会った。
今までの4.2kgタイプとほぼ同等の5kgを買う予定が、同じ値段で6kgを飛び越え7kgと大きくおまけに風呂水を使う機能付き、しかも抽選があり2等賞のカレーセットまでゲット、楽しい1日になった。
水栓と洗濯機用L型ニップル

水が止まらない・・・(2)。

配送時に給水ホースのセットまでしてくれたのだが、給水栓への取り付けは水道側の部品が古く水漏れが収まらないという、ホームセンターに洗濯機用L型ニップルを売っているので付け替えるよういわれ、水栓のパイプを外し洗濯機用L型ニップルとやらに付け替えたところピタッと止まり洗濯機騒動一件落着。
また20年どうかな?
posted by murotagama at 18:37| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

暑さ対策、よしずのひさしで我慢

よしずのひさし今年もいつものこれでいくことにしてすでに夏の真っ盛り、「来年の夏までにはエアコンにしようね・・・。」といいながら、頭に濡れタオルの鉢巻をしながらエアコンの取り付け法を勉強中、仕組みやら工事方法など全体が見えてきて自分でもDIY可能ということが判ってきた。
今の世の中ネットで調べられ資料が手に入り買い物もできて便利な世の中になったありがたい、時期を見て「白くまくんの8畳用」あたりでDIYしてみようとおもう。


posted by murotagama at 09:49| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

スズメバチ、巣作り始めた!

窯屋で仕事をしていたら「ブーンブーン」とスズメバチの羽音がするので見上げたら、一匹のスズメバチが屋根裏に巣作りをはじめたところ、早く気が付いてよかった。
アースジェットを吹きつけ蜂を追い払い、網で叩き落とした、ヤレヤレ
スズメバチの巣の写真

posted by murotagama at 20:42| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

ガス代が安くなった

今まで高いガス料金を払っていたの?

家庭用のガス代が格段に安くなった、ガス屋を紹介するから見積もってもらうようにとお客さんから話があった。
早速大手Nガスが来て、見積もってもらったところあまりの価格差にびっくり、昔ガス屋の切り替えではいやな思いがあるので手を出したくなかったのだが、月々のガス代が安くなる悪い話ではないし、大会社で信頼できそうな若いセールスマン氏の話にその気になり契約手続きに入った。

Nガスから書類を回された前のガス会社の担当がビックリし飛んできて来て「どうして変えるの?、今収めているのが正規の価格だから安く契約してもすぐに高くされますよ・・・」としばらく粘られたが、「お宅の会社に変えたときと同じように初めは安かったけどだんだん高くなるかも、しかし会社も大手でしっかりしているし、セールスマンも若くて作業服姿が感じいいし素直だし・・・」ということで値下げの話には触れようともせずただ粘るだけの業者さんを口説き、やっとお引取り願った。

新しいガス会社から最初の請求書が来たので比べてみると、これはびっくり以前の半額に近いでは今まで騙されていたような気持ち、お互いに後味悪いこのことが今後も取引を続けなければならない業務用のガスの方に響かねば良いのだがと思っている。

業者選びは慎重に

この際プロパンガスの値段などネットで調べてみたが、業者によって値段がまちまちで、いかがわしい業者も横行しているらしい、ネットにあるプロパンガス料金の診断、安いガス会社の紹介というサイトも業者自身が作ったホームページだったり、優良業者を紹介といって迷惑な業者を紹介されたりする話もあるらしいので、業者選びは慎重に考えたほうがいいらしい。

幸い我が家の場合は、前の業者とは15年以上の付き合いで配管などの設備の償却も済んでいるという事、と隣の市にある大手ガス会社ということでまず心配なことは無さそう、少なくとも今までの会社より料金も安くサービスもいいはず。
ラベル:ガス代
posted by murotagama at 21:53| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

アマガエルが多い

アマガエルの写真今年はアマガエルが多い、虫がよく来るのかとまり易いのか、キュウリとメロンの葉にはたくさん止まっている。
どんな大きな虫を食ったのか、小さな体で食べ過ぎか腹がパンパンに膨らしているカエルもいる。

アマガエルの写真

posted by murotagama at 10:51| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

当分筋肉痛か?

木を倒すのは無事終わったが、まだ仕事が終わったわけではない。

伐木の方向は重心が下の田んぼの方向に片寄っていたので安全な方向ということで決まってしまい、倒したその場で玉切りをしたので庭まで持ち上げるのがこれまた大仕事になってしまった。

重さ30kg〜40kg長さ40cm程に玉切りした材木40個を、高さ3mの崖を持ち上げたり転がしたりして上げ、そこから庭まで一輪車で高さ2mの急坂を押し上げる、運動不足の我が身には結構キツイ!

この重労働と、薪割が利いてこの数日、体中が筋肉痛・・・。
原因がはっきりしているのでなんてことないが・・・。
薪の山
posted by murotagama at 11:45| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

医者通いと大木の伐倒

個展の後始末が終わり、民芸店へ納品も済ませ、一区切りということで、
今まで後回しにしていた身の回りのことを、まずは医者通いからと大腸の内視鏡検査でポリープを1個摘出、耳鼻科に通院中、気になっていた眼科もおまけに診察を受けこれは年相応という安心?の結果。

次に、大きくなり過ぎたコナラの木2本と枯れそうな栗の木1本の伐倒とその後始末。(来年のストーブ用の薪づくり)
もう少し早くやりたかったが、雨だとか風が強いからとか医者に行くとか、何かにかこつけ延び延びにしていたもの、やっとその気になったものの、スギ花粉も心配になってきたので今年はこの3本だけで終わりにする。

大木の伐倒は怖い、チエンそーで受口を作り追口を切り込みビシッと音がして切り口が開き始めた時退却すると、メリメリメリと倒れ始める、油断はできない、半端な気持ちのときは危ないので、その気になり作戦が決まるまで待つ。
posted by murotagama at 21:28| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

ノートの納車日待ち

新車に乗れるぞー


妻の希望でボディカラーをに決めたニッサンノートの納車日が決まり、任意保険の手続きもめどが付き1ヶ月待たされやきもきしていた新車購入という我が家の大事件も一段落した。

ここまできていまさら他社との比較してもどうこうなるものではないがフィットもいい車だと思った。
ノートに決めてのは、我が家の周りの砂利道の砕石でタイヤが裂けるパンクを何度も経験しているのでスペアタイヤ付きの車が欲しい、砂利道のわだちが深いので車高が低いのはまずい、なにより値引きを予想以上に考えてくれたことが決定的だった。

一番安いスタンダードモデルを買うつもりが、ワンランク高い今風の装備の付いたXバージョンで、インチアップのアルミホイールとガラスコートまでオプションで付けることができてしまい、文句のつけようがない。
栃木日産さんに感謝し赤いノートを友に大切に使いたいと思う。
フィットとノートの比較
posted by murotagama at 21:38| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

薪ストーブを始める

早いようだが今年の秋は短そうな気がして、そろそろ冬の準備ということで昨日薪ストーブを設置した。

今朝の肌寒さにさっそく火を付け、トロトロと弱火にしていい気持ちで轆轤を引くことができた。
薪ストーブが入った
posted by murotagama at 20:24| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

蝉の羽化が…

初めて蝉の羽化の瞬間に立ち会うことができた。
夕方6時ごろ妻が蝉のさなぎがグラジオラスに上ぼっていくのを発見。
ひぐらしが鳴き始めたのでもしかするとひぐらしかもと、蝉の羽化を二人で10時過ぎまで看視続けた。
動きがわからぬほどゆっくりとさなぎの背中から変化が始まり、白い姿を現し始め翅が伸び終わるまでは白い翅と薄い緑が感じられる程度、しだいに翅が透明になりひぐらしが出来上がると思い込んでいたが、その後時間をかけて茶色味が強くなり何のことはないそこらじゅうに暑苦しい声を出している油蝉の出来上がりだった。
蝉の羽化17:58
蝉の羽化18:26
蝉の羽化18:42
蝉の羽化19:38
蝉の羽化21:48
posted by murotagama at 21:05| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする