2017年06月08日

蔵王、山寺ドライブ

蔵王
国道294で白河、高速に入り宮城側から蔵王ハイラインを利用し蔵王へ
北斜面には雪が残って刈田岳からお釜周辺の尾根筋は冷たく耳が痛いほどの空気、熊野岳地蔵山方面は雲に覆われ、朝日連峰、飯豊連峰、吾妻連峰、と見えるはずの展望も残念ながら眺望きかず。
寒さのため、天候回復の兆しが無いので早々に退散、坊平高原でレンゲツツジ西蔵王高原で迷子になりながら宿泊先の蔵王温泉へ到着。
蔵王お釜坊平高原レンゲツツジ

山寺
山形市野草園に立ち寄り、今が盛りのクリンソウ、季節に来たかった葉ばかり茂っている水芭蕉コーナーを巡り目的地山寺へ、山寺では若い人にどんどん抜かれながら杖を頼りに往復2000段以上ある階段に挑戦、蝉塚まで下った頃には膝がわらっていた。
もっと閑静なところを想像していたが観光客の多さにびっくり、外人さんもちらほら見受けられた。
もっとのんびりしたかったが、山形は遠い、帰る時間を考えるとコレで精一杯。
野草園はばかり水芭蕉やまでら

posted by murotagama at 14:38| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

水上温泉谷川方面ドライブ

誕生日がとおり過ぎてしまった娘と、誕生日がこれからの息子のため、誕生祝ドライブを企てた人がいる。
各自有給の時間をやりくりし、久しぶりに家族が揃い温泉2泊の旅が実現した。
1日目
高崎駅で合流し、子供らは今日の目的地が谷川岳と告げられ、ネクタイを締め軽装で来た息子「エー、軽井沢かと思った・・・!」と、リュックを背負い歩ける支度できた娘「私もどこ行くか聞いてない・・・」と、母親の連絡不手際を責め合いながら、運転を息子に交代し一路谷川ロープウェーへ直行。
貴重な晴れ日を山歩きに当てて大正解、天神平からリフトで天神峠へ、まばゆい光の中赤城、皇海山、至仏、笠ヶ岳、巻機山、谷川と大展望を堪能し、歩いてロープウェー天神平駅まで下り、水上温泉ホテルに向かう途中ついでにと軽い気持ちで日本一のモグラ駅「土合」に立ち寄り、行けどもまだあるまだある486段の階段をやっとの思いで往復。
天神平モグラ駅「土合」

2日目
少雨を覚悟して一の倉沢まで往復3時間ほどの山歩き、曇りのためマチガ沢、一の倉沢ともに上部は雲に覆われ絶壁を観ることはできなかった。
昼食後水上町を歩こうと道の駅から諏訪峡のコースを一巡り、諏訪峡大橋から飛ぶバンジージャンプを見て道の駅のぬるい足湯に浸かり今日の宿湯檜曽温泉に一泊。
一の倉沢諏訪峡

3日目
月夜野ビードロパークに立ち寄り今日のメイン吹割の滝、まず滝まで下り大勢の観暴客と上流のつり橋(浮島橋)を渡り浮島観音堂、さらに吹割橋を対岸へ渡り下流の吹割大橋でもどる周回コースをカメラ片手に1.5時間ほど歩いてきた。
雀宮駅で娘と別れ3人で我が家へ、今回の旅行中雨に降られることも無く、ホテルも広い部屋を用意してもらい、子供らの満足そうな笑顔を見ることができ、今回のドライブ大成功。
吹割の滝

posted by murotagama at 15:02| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

梅雨の晴れ間にドライブ(裏磐梯)

関東地方入梅の報を聞き天気予報を気にしていた、2日続いた晴れの予報が出て慌ててドライブを計画、格安の温泉ホテルを見つけ裏磐梯のドライブに向かった。
初日の山道運転は妻に任せナビゲータ役、裏磐梯ゴールドラインからレークラインへ、途中中津川渓谷と滝のハイキングを楽しみ、早めに岳温泉の宿に向かいゆったり温泉に。
2日目、今回ハイライトの磐梯吾妻スカイラインを上り、P毎に先を急がずゆっくり案内板を読みながら最終目的地の浄土平へ、吾妻小富士の火口壁を一周、山の上から安達太良、東吾妻、一切経、浄土平、福島市方面とぐるり展望できたが曇天だったのが予想外、浄土平へもどり湿原を巡り合わせて3時間ほど歩いてきた。
手持ちの地図で有料となっている4箇所のラインの付いた道路は、現在無料で通行できるが浄土平の駐車場は有料(¥410)。
ただし磐梯吾妻スカイラインは浄土平〜不動沢橋間が全面通行止め、しかも夜間17:00〜翌7:00は通行止め。
浄土平の写真



posted by murotagama at 20:00| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

湯の丸峠へドライブ

高校時代の親友夫婦とドライブ。

梅雨の真っ只中、軽井沢散策か山歩きにするか迷ったが、曇りの予報を頼りにレンゲツツジの咲く湯の丸峠を案内してくれることになり、途中天候しだいで変更と出発した。
麓の道の駅「雷電」で食料を調達しながら見上げると峠は雲の中、とにかく行ってみようと目的地を目指した。
コマクサの写真湯の丸峠付近のレンゲツツジは最盛期を過ぎていたので池の平まで上り、周遊ハイキングコースを高山の花を楽しみながら2箇所の咲き始めたコマクサ群落など珍しいものにも出会え天気も一日持ちこたえてくれ楽しく歩いてきた。
夜は友の手配してくれたセレブの利用する会員制高級ホテルでゆったり過ごし、あくる日は北向き観音に連れて行ってもらい、別の世界を体験してきた。

池の平の写真
posted by murotagama at 20:00| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

奥多摩へドライブ

若かりし頃、金も無く休日も日曜祭日のみという時代、山登りといえば青梅線を利用して日帰りできる奥多摩へよく出かけたものだが、五日市側は交通の便が悪いという先入観からか行く機会が少なかった。
今回、山歩きの用意はしてきたものの天気がイマイチだったので山は諦め、あきるのに住む義兄のお勧めスポット、払沢の滝、神戸岩(写真かのといわ)、深沢山抱きの大かし、広徳寺、と付近の名所を案内してもらった。
blog9864.jpg

blog9866.jpg東京都とは思えないほど山は深く払沢の滝や神戸岩は休日はもっと混雑しているようだ、天気予報で雨が心配されていたおかげで貸切のようなゆっくりとした時間を過ごすことができた。
右写真は広徳寺裏池のモリアオガエル。

posted by murotagama at 21:01| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

板室温泉ドライブと立寄り地

板室温泉は道も分かり易く空いているので気に入っているが、距離があるので温泉だけ往復する気にはなれな
いということで、立寄りたい名所はと地図を見て探しているが、帯に短し襷に長しで丁度よいところがなかなか見つからない。
今回選んだのは、巨大水車の廻る道の駅「東山道伊王野」の手打ちそばに立寄り昼食と決め、早く着いたので時間調整のため「伊王野まっぷ」から付近の名所をチョイス、国指定文化財「三森家住宅」、町指定文化財「堂の下の岩観音」、「伊王野城跡」を観光させてもらい、板室温泉に程近い「木の俣 園地」に立ち寄り巨岩吊橋まで回遊コースを散策というコース。
小さなスポットだが外では見られない景観を落ち着いて巡ることができ、天気はよいし、季節はよいし、気心の知れた仲間と上々のドライブができた。
三森家住宅
三森家住宅の写真
堂の下の岩観音
堂の下の岩観音の写真
木の俣川
木の俣川の写真
板室のこいのぼり
板室のこいのぼりの写真

木の俣渓谷/木の俣園地http://www.city.nasushiobara.lg.jp/kankou/2200/002570.html

posted by murotagama at 20:00| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

ミツマタの群生

焼森山のミツマタ群生地に誘われ、車を出した。
案内板の写真

ミツマタのトンネルの写真笠間街道から狭い山道を5キロほど入ったところ、鮎田川の源流と思しき所に最近整備されたミツマタの群生地がり、現地でNHKで報道されたという話も聞いたが、日曜日あたかも満開の時期に重なったせいか、こんな山奥まで大勢の人々やカメラが入っていた。
普段耳にしないミツマタという木なのであまり期待はしていなかったが、これほど群生して咲いた花のトンネルをくぐっていると、花の香りを吸いながら夢中になってシャッターを切りまくり久しぶりに時間を忘れてしまうひと時だった。
撮りまくってみたものの残念ながら、この日は曇り日の樹間で明るさがないこと、午後3時すぎということで思いどうりの色が出なかった。

ミツマタ満開の写真
タグ:花見
posted by murotagama at 12:48| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

二荒山神社へ初詣

中国から帰国した息子した息子の運転で、宇都宮の二荒山神社へ初詣。
渋滞にあわぬよう家を早め出て正解、駐車場までの車列は少しづつ動いていたので順調に駐車場に入れた。
初詣の人出はたいしたもの、お札を求める行列が8列ほどになりうごかずに長くなっていくばかり。
お参りを済ませ息子のおみくじは、中国から無事帰国したこともあってか「大吉」を引き当て気持のよいスタートになった。
blog9911.jpg


posted by murotagama at 18:16| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

龍門の滝へドライブ

初心者マークを付けたペーパードライバー

久しぶりに娘が帰省「ウサギがいなくなったのを知っていたら帰ってこなかった・・・。」
と冗談とも本気ともとれる事をいいながら、ペーパードライバーの運転練習をかねて車の少ない田舎道をドライブすることになった。
さすが心配なのか免許更新したばかりといいながら初心者マークを貼り付け、エンジンをかけるなり「ブレーキペダルはどっちだっけ?」、と同乗者を不安にしつつ対向車にビビリながら出発。
烏山のトンネルで「ライトはどうするんだっけ・・・?」「おいおいだいじょーぶか?」まだ一人ぽっちで乗らせるのは不安。

龍門の滝へ

烏山で折り返すことにして、遠周りでも走りやすい道を選びながら道の駅「さしばのさと」に立ち寄り那珂川で漬物石を拾い、交差点の道路標識で思い出した龍門の滝へ、
前方注意しながら駐車場の入り口をみつけ、狭い急坂を下ると駐車場は空で貸切状態あまり人気ないのかと思いながら芝生の広場を抜けると、一変して滝が横に広がり中洲に子連れやデジカメ撮影の人やらとやはりここは観光地だった。
ちょうど昼時でもあったので弁当でも持ってくれば静かな芝生のベンチがピッタリだと思った、来て見なければわからないもんだ。
久しぶりに見た龍門の滝はそこそこ水量もあって近づくとしぶきがかかる、広角にしても全体が入りきらなかったので2枚の写真をつなぎパノラマ写真にしてみた。
龍門の滝の写真

posted by murotagama at 20:48| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

カーナビは便利なものだが


カーナビの電話番号入力で起きたミス

こんなことは滅多におきないと思うが、いつものように目的地を電話番号入力でスタート、目的地近くになり見覚えのある酒蔵の前を通過ヤレヤレ踏切を渡れば目的地も見えてくるカーナビは便利なもの電話番号入力は便利なものと思って運転していたところ、予想外の交差点右折の表示に戸惑いながら指示に従っていると目的地からどんどん遠ざかって行くような気がした。
しばらく走ったが不審に思い焼肉店の駐車場を拝借し地図で目的地を確認してみたところ、案内している場所は現住所に引っ越す前の仮住まいした住所ということが判明、電話番号入力のミスとわかり目的地を地図のカーソルで合わせ直し、再出発したところ案内はもと来た交差点まで引き返しうまくたどりついた。

前に来たことがあり、目的地の周辺が解っていたのでクリアできたが、初めての場所だったらどう対処するのか、道路地図も持っていたほうが・・・。
カーナビの行き先電話番号は更新されるのだろうか?

助手席に地図を見ながらナビゲートしてもらう時と比べ、カーナビが使えるようになってその性能と便利さに驚かされるが、予想外のところに人の出番がきて任せ切れないドジなところがおかしい。

posted by murotagama at 21:24| Comment(0) | 旅/ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする