2015年02月16日

年1回の個展

作陶展は知り合いの同業者から「2人展の相方を探しているんだけど、室田さんやらないか?」と突然ふっと沸いた話が始まりで、民芸店に収めるため普段使いの器を中心に焼いている身としては個展は別世界と頭の中になかったもので、いったん断ったもののどうしたものかと、さんざ迷い考えた挙句「焼き物を始めて20年経った節目でもあり、いい機会をいただいたかも・・・」と2人展の仲間入りをすることにした。
毎年楽しみにしてくれるお客さんに支えられ年1回の個展が16回目になり、多少マンネリ化しているところを反省しているが頭の回転を考えると年齢相応の事をしているのかも・・・。
個展を重ねていく内、個展は自分の店のようなもの、民芸店に収めていないもので見てもらう機会のない焼き物にもチャンスができると気付き、自分の個展は作家先生の個展会場ではなく陶芸職人の対面展示販売と心得て、お客様と対話しながら説明しながら喜んで使っていただけるよう「民芸店室田窯」の店員のつもりで会場に詰めるようになった。
お客様には普段使いにふさわしい、いかにも益子焼らしい「The-Mashiko」を楽しんでいただけたらと思っている。
今年の会場は狭くなり置ききれないのが残念、作家館という場所は個展スペースの周りを作家達の桁違いに高価な品物が取り囲んで「益子焼手づくり工房-室田嘉一郎作陶展」を開催してみて場違いのところにポツンと置かれた感じもしている。

益子焼手づくり工房「室田嘉一郎作陶展」

画像をクリックすると拡大できます

「つかもと本店作家館ギャラリー」 地図

個展会場写真

posted by murotagama at 10:26| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

扁壺

個展は日によって売れるものが偏る、この頃花器類はあまり人気がないのだが、どうしたわけか昨日は扁壺が3本も売れた。
自分は扁壺が好きで丸い壺よりつぶれた扁壺に魅力を感じる、同じように扁壺に目を向けてくれるお客さんがいるとうれしくなる。
今回の作陶展でも花器の内半分ぐらい扁壺を出品している。
blog9905.jpgblog9904.jpg
blog9906.jpg

posted by murotagama at 09:19| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

個展会場の中心に梅と椿が満開

我家の庭の梅と椿に、毎年のように個展のお手伝いをしてもらっている。
今年は折り返し点に近づいた今、ちょうど身頃となりタイミングもバッチリ。
固い蕾の梅と椿を早く咲かせるため1週間前に枝切りし、室内で温め晴れた日には戸外で太陽に当て調整したのがうまくいった。
妻も苦労の末うまく壺に生けてくれたので、携帯で撮影する女性も一人現れた、ビックリ。
blog9907.jpg

posted by murotagama at 18:39| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作陶展補充

昨日準備した作品を持って、欠品の代替品と休日売れた作品の補充いってきます
茶碗、飯碗、急須、湯呑み、四葉皿、ハート皿、サラダ入れ、皿類

posted by murotagama at 10:53| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

ハート皿

ハート皿は副産物


blog9908.jpg以前お客様に四葉の皿が欲しいと話をいただいたのだが、どう作ったらいいのか考えあぐねていた。
やっと重い腰を上げ作ってみたのがハート型の小皿を4枚合わせて四葉形にする方法だった。
効率が悪く面倒、とても実践的な方法ではないが、4枚を合わせ貼り付けた中心に飾りのつまみ手を付け四葉の皿ができた。
ハート形は四葉の部品として作った小皿だったが、あまり見ない形だったのでハート皿と適当な名前をつけ個展に展示することにした。
昨日、四葉皿の話をいただいたお客様に見ていただいたところ「私の思っていた以上よくできています」と喜んでいただき、ハート皿も4枚置くと四葉のようになるからとこれもお求めいただいた。
お客さんの希望に沿うことができてやれやれと思っているところ、その後友人夫婦もハート皿4枚を組にして色違いで2組お買い上げ「買い占めちゃっていいですか・・・」となり、しかして会場の在庫がなくなった。
余分に焼いてあるので早速明日にも補充。
blog9909.jpg



ラベル:個展
posted by murotagama at 15:54| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

個展のお客様休日編

穏やかな建国記念日の一日、ドシャ降りの日曜日と打って変わってお客様の出入りが激しい一日となった。
前日電話のあった友人夫婦、常陸大宮の常連のお客様、妻の同窓生夫妻と母上様、お茶を出したいお客様が一時に重なり、その上フリーのお客さんにも次から次ぎに来ていただいた。
作品の説明、品選び、品出しと動いているうち、昼を食べそびれ気がつけば3時半、どおりで動けなくなってきたわけ・・・。
貴重な時間を使い「友遠方より来る」のにゆっくり話ができず申し訳なかった。
閉店時間になり店を出るとき「室田さん明日は休みだかんねー」といわれ、「明日も来る気になっていたーヨー」と返した。
(そこまで考えが及んでいなかった、ということは言われなければ行ったかもしれない)

益子焼手づくり工房「室田嘉一郎作陶展」

画像をクリックすると拡大できます

「つかもと本店作家館ギャラリー」 地図

個展会場写真



posted by murotagama at 21:48| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

個展のお客様

個展会場の展示もどうやら落ち着き、しょっぱなの休日もクリアーできスケジュール通り動き始め目途がついてきた。
会場では体も空きお客様との応対もできるようになってきたが、この時期梅は開花前、寒さでお客様の出足がいまいちというところ。
そんな中で、飯碗大中小の内からご主人は大奥様は小を選んでいかれたお客様、
数ある栗の中から自分のイメージに合った栗を見つけたお客様、
コーヒーカップにしようかマグカップか悩み焼き上がりのよかったコーヒーカップを求められたお客様、
陶芸教室の時間待ちで会場に来くれた体育大出身のフレッシュギャルグループ、
応援に来てくれた後輩たち、この作品が気になってと再た立ち寄ってくれたお客様。
鹿沼からきた渓流釣り名人の釣り談義、
中には、自分のコレクションを自慢に来るだけのお客さん(客ではないかも・・・、話し相手がいない気の毒な人かも)も登場・・・。
毎日様々な方たちの話を楽しく聞かせていただいている。

posted by murotagama at 18:35| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

益子焼手づくり工房「室田嘉一郎作陶展」初日

昨日個展の初日9:30会場に到着、
お客さんの来る前に台上の作品展示作業、昨日の続き、点検と片付け終わり一段落したところへ東京から王子工業高校の後輩たちがにぎやかに到着。
天気に恵まれ、初日が気持ちよくスタート。
初めての会場でまだ勝手がわからず戸惑いもあるが・・・。
posted by murotagama at 09:53| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

作陶展の搬入展示作業

荷物を開き、キャドでつくった図を元にひたすら作品を並べ続けたが片付け終わらず、並んだところだけなんとかプライスカードを置き、会場の就業時間が来てしまった。
つまも最後まで花を飾ってくれた、ふたりともへとへと。
多少かたづいていなくとも、会場全体埋めたので許してもらえるかな?
毎回初日の朝早く来てくれる人もいるし、後輩からもメールをもらっている、明日は早めに会場入りしよう。
posted by murotagama at 21:26| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作陶展出陣

荷物満載の写真助手席運転席の車シートを前に引き背もたれを立て荷物置き場を広げ、一工夫二工夫してビッシリと詰め込み、生花たちの空間もぎりぎり確保できた。
何時ものように車を満載にして、腹ごしらえをしていざ出陣。

荷物を出すとき、梅の枝の扱いに気をつけ蕾を落とさぬよう注意。
本日快晴、雪の予報外れてよかった!!

益子焼手づくり工房「室田嘉一郎作陶展」

会場 : 益子町 株式会社つかもと「作家館ギャラリー」 地図
日時 : 2015年2月7日(土)〜2月27日(日)まで、木曜日定休
室田嘉一郎作陶展の御案内(ホームページ)

ラベル:個展
posted by murotagama at 11:38| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする