2016年08月27日

蓋が合わない・・・、たすけてー

次の個展準備で「蓋物」を作っている、大き目の蓋物の手づくりは厄介だ。
サイズに注意して作るのだが、蓋の大きさがなかなかしっくり合わない。
大き目の蓋物の時、蓋が大きくて入らないということより小さめになりガタガタで困る事が多いのはなぜだろう、蓋が皿のような形のため収縮率が大きくなるのだろうか?とも考える。
乾燥途中の段階では、蓋と本体の乾燥状態が違うので相性がまだわからず、水分が抜け白く乾燥してやっと蓋が納まりが確認できる。
今回作っている「面取蓋物」は4個蓋は2個余分に作ったのだが残念、1個はガタガタで大きめを作り直しということになった。
作ってみても、乾燥してみないと結果が出ない、めげるけど根気よくやるっきゃないか・・・。
何度も谷まで下りてはまた上る苦しい登山みたい。
蓋物の写真
posted by murotagama at 10:41| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

窯焼中に襲雷

昔悪天候の中窯焼きをして、長時間の停電というひどいめにあった。
昨日の窯は、台風(9号)が去ってから点火しようと1日遅らせ安全策をとったものの、台風は去ったが天候の回復が予想外に遅れ、窯焼き最終盤にわかに暗くなり冷たい風が吹き大粒の雨がバシバシ、すぐにゴロゴロ始まり閃光で周りが浮かびでる地響きと共に落雷、
「今の近かったー、あと30分まってくれ・・・。」
コンピュータや給湯器の電源プラグを抜いて電化製品を守っても、窯焼中の電気を外すことはできない。
幸い停電せずにいつものように焼き上げることができた。
窯屋の雨漏り一箇所発見。
posted by murotagama at 16:40| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

個展が終わって(パート3)

個展が終わって1週間残務整理終わったつもりになっていたところ、店から「箱書きお願いします・・・」という電話、そういえば「桐箱たのんであるので、あとで箱書きお願いします。」といわれていたのをすっかり忘れていた。
箱書き

ラベル:個展
posted by murotagama at 20:29| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

個展が終わって(パート2)

個展から作品を引き取り簡単に後片付けを済ませたところで、民芸店が仕入れに来てくれた。
事後の納品も終わり、芳名帳の整理、売り上げの点検も済ませ作陶展に関する仕事は一段落、おまけにe-taxで確定申告も済み気分もすっきりした。

個展作品の行方は

お客様に持ち帰られた物296点(小さな一つ432円の物もあるが・・・)、
残りの作品は会場のつかもとが引き取り売り場に並ぶ物、民藝店に引き取られ店頭に展示販売するもの、我が家の在庫に分かれる。
店に出る品物は一部だが、もうしばらくは店で見てもらうことができる。
益子最大の窯元「つかもと」地図
老舗民芸店「民芸店ましこ」地図
posted by murotagama at 17:44| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

益子焼個展会場の活け花(パート2)

妻が「今年はじっくり生けることができたのできたので、思いどうりに入った。」と自信ありげに展示作品の益子焼花瓶に花を飾ってくれた。
ところどころ花が入ると会場の雰囲気もガラッと変わる。
面取花生面取花生
扁壺扁壺
面取花生扁壺


益子焼手づくり工房

posted by murotagama at 07:00| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

益子焼個展会場の活け花

毎年個展会場の活け花は妻の担当。
花は我が庭の梅や椿にも参加してもらう、一週間前に細工場で暖め会期に咲いてくれるように調整する。
個展コーナーの入り口に活けられ、今頃調度満開となりお客様に「いい匂いですね・・・」と喜んでいただいている。
個展会場の活け花

室田嘉一郎 作陶展

posted by murotagama at 10:02| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

個展始まる

新年早々から体調を悪くし、個展に向けた作業に不安があり「少しづつできる範囲でするしかない・・・」と覚悟していたところ、川崎から妹夫婦が助っ人に来てくれ、2/3荷物の搬入作業を手伝ってくれた。
とはいえ時間いっぱい働き、初日は展示物の整理点検お客様の対応、続く土日でお客様のお相手や品揃え、と動きが多かったのでこれまでの疲れがたまってきていた。

ところで今日の会場は、寒さのせいかお客様は数えるほどで暇、売り上げは珍しく0円・・・。

posted by murotagama at 20:52| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

益子焼個展「室田嘉一郎 作陶展」

益子焼個展「室田嘉一郎 作陶展」
会場  :  益子町株式会社つかもと「作家館ギャラリー」地図
日時  :  2016年2月5日(金)〜2月23日(火)まで、9:00〜17:00 木曜は定休日。
電話  :  株式会社つかもと 0285-72-3223

作陶展作品

鉄砂釉糠黒掛流扁壺黒釉柿流掛扁壺
黒釉柿抜絵扁壺鉄砂釉糠黒掛流青差し水指
黒釉面取ポット瑠璃釉面取鉢
刷毛目片口輪紋刷毛目鉢
柿釉青線紋夫婦湯呑干支抜紋小鉢
とり黒うし
ラベル:個展
posted by murotagama at 21:00| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

個展のDM発送

益子焼手づくり工房「室田嘉一郎作陶展」

DMの印刷が上がったので早速宛名印刷をして投函。

個展案内
個展のDM

posted by murotagama at 20:35| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

個展用の写真どれにしようかな

作陶展のDMに使う写真を準備している。
今回は新しく型を起こした扁壺の写真をと決めたが、釉の異なる4本どれを使おうか迷っている。
扁壺の写真扁壺の写真
扁壺の写真扁壺の写真

花を入れたものも撮ってみたが、本当にどれにしたものか??
扁壺の写真

ラベル:写真 個展
posted by murotagama at 17:41| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする