2017年01月15日

益子焼「室田嘉一郎作陶展」自画自賛

手付き面取蓋物

鉄砂釉蝋抜き(20x18.5x13.5cm)
益子焼の並白釉を施釉後、太い線を蝋抜きし刷毛で鉄を塗り付ける鉄砂釉の手法で、強めの火力で焼き上げ鉄の濃淡も味にしようと試みた物、蝋にはじかれた白い部分と鉄の色の対比がくっきりでている、単純な紋様なので釉の調子が際立つている。
鉄砂釉は使い込むと艶がしっとりと落ち着いてくる、自分の好きな釉薬である。
手付き面取蓋物

益子焼手づくり工房
室田嘉一郎作陶展

会期:2017年1月27日(金)〜2月19日(日)木曜日休館
会場:つかもと作家館ギャラリー(栃木県芳賀郡益子町4264)地図

posted by murotagama at 16:19| Comment(0) | 益子焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: