2016年11月28日

またかよーー!コンピュータートラブル

「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません」

ある日、コンピュータを起動し自分のアイコンをクリック、いつものパスワードでログイン、だがこの表示が出て先に進むことができなくなってしまった。
このような時にと、別のadministratorユーザーを用意しておいて助かった。

administratorを複数準備で回避

幸い、administratorの資格のユーザーアカウントを余分に作っておいたお陰で、今回は別のadministratorから入り復旧することができた。
そんなことを知らずに使っていた頃、そのたびに新たなハードディスクにウインドウズインストールし直し、設定をやり直しデータファイルを古いハードディスクから移動する以外他にいい方法が見つからず苦労させられてきた。
なぜ予期せぬ事故が起きるのか解らぬが、administratorを複数準備すれば同時に事故ることはマズ考えられないので、このてのトラブルは深刻にならずにすむ。
今回は別のadministratorの資格のユーザーアカウントを使いログオンできたことで、最近の復旧ポイントに戻る事ができ大事に至らず楽勝できたが、他に「regedit」に入り解決する方法もあるようだ(regeditを変更する前にregeditのバックアップを必ずとるように)。

posted by murotagama at 20:38| Comment(0) | コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: