2016年11月14日

ラジオで細工場(さいくば)の空気が変わる

ラジオは必需品

昔から身の回りから放せないラジオ、車を走らせながらラジオの音がかかっている、轆轤を引きながらもラジオの音が体を包んでいる、聞いているようで聞いていないのだがラジオから会話が聞こえ音楽が流れているとき、一人きりの細工場の空気に温もりが感じられる。

らじるらじるが録音できた

我が家の地域でFM放送が受信できるのは晴天で電波状態のよいときに限られ、タイマー録音のできるラジオを手に入れたのに思うように使えていない。
らじるらじるがタイマー録音できたらとフリーソフトを調べてみたら「radika」を発見、インストールして動作に必要なソフトも揃えたが実用にいたらず、なんとか「radika」を動かしたいと調べているうち、同じようなことを経験した人のサイトで「Radikool」があるとわかり即インストール、おかげでNHK-FMバロック音楽とクラシックカフェの録音に成功、雑音のまったくないクリヤーな音質が楽しめる、しあわせー。

簡単な録音編集ソフト

タイマー録音で余分な部分のトリミングは「mp3DirectCutフリー」を使ってチョッキンとすればすっきりできる。

posted by murotagama at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: