2016年02月19日

ましこやきだー

黒の下地に柿の流し掛け作品の前でご婦人「懐かしいです最近少なくなりましたね、温もりがあってほっとします、あきがきません昔からの益子焼ですねー・・・。」と感想を云いながらゆっくり見てくださった。

たしかに最近民芸店に置かれている商品は、かわいいといわれる商品やクラフト系の物が多くなり、今では民芸調と区別される素朴で温かみのある焼き物が少なくなっている。
17回目の作陶展、残りの最終コーナー、とうとう最後の週末になってしまった天気予報は明日雨、もうひとふんばりガンバルゾー

益子焼手づくり工房
posted by murotagama at 09:42| Comment(0) | 作陶展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: