2014年02月18日

役に立たない「ウサギの飼い方」 パート24

うさぎの食わず嫌い


呼ばれたうさぎお客さんにいただいたフルーツたっぷりのうさぎのおやつ、袋にうさぎの絵があるのでたぶん喜んで食べるはず、
さぞ夢中になって食べるかと思ったら、いまいち飛びついてこない。
普段粗食に慣れているので、初めてのご馳走に面食らっているのかも、うさぎも飼い主に似るのか?

自分も子供のころを思い出すと食わず嫌いのところがあった、うにやいかの塩辛、アンコウや魚のはらわたのような軟らかいもの、かに味噌などは咽を通らず、珍味に目のない父親に食べてもらっていた。

うさぎも新しい味に慣れれば食べるようになるかと腹の空いた頃合を見て、呼びつけては小出しに与えてみていると、少しずつ食べるようになってきた。

けれどこの「あたり」ちゃん、おやつに味を占めてグルメうさぎになってくれても困る。
posted by murotagama at 10:27| Comment(0) | うさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: