2015年12月30日

暮れにきて医者通い

亡き母が会うと口にしていた言葉「年はとりたくない・・・」、そんな年になってきたんだなと思う。
クリスマスイブの日、前触れも無く右足の付け根が痛い、足の側面も足先まで痛い我慢できないので医者に行くことにしたが、骨折のとき見てもらった整形外科はあいにく定休日、一日我慢してレントゲンで診てもらったが「椎間板が薄いですね」といわれただけで診断がはっきりしない、弱い痛み止め薬を出してもらって様子を見たが効かないので、度々足を運び脅されながらも強い薬にしてもらう。

そんな中、家族が救急車で運ばれレントゲンCT、血液、骨髄液検査という騒ぎになってしまい、正月休みに入った誰もいない待合室で痛い足を抱え待つこと数時間、さいわい検査結果からは頭もきれい異常は見つからず帰れることになった。
念のためMRIの検査を予約して長かった一日が終わって安心できたが、朝食前後頭部の頭痛と吐き気がひどいというので、くも膜下を心配し町の病院へ連れて行ったところ、やはりくも膜下が心配なのと正月を控えているからと救急車を手配してくださり、看護婦さんも同乗して脳神経外科のいる病院へ直行、考えるいとまもなくほヾ一本道で事が運んでいった。

今年の暮れは病院通い、来る年もそこから始まるらしい・・・。



posted by murotagama at 13:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする